松田美由紀 夫・松田優作さん「激しい人でした…うーん大変でした」

松田美由紀 夫・松田優作さん「激しい人でした…うーん大変でした」

松田美由紀

 女優で写真家の松田美由紀(59)が15日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜後1・00)にゲスト出演。夫で名優の故松田優作さん(享年40)について語った。

 美由紀は21歳で優作さんと結婚。優作さんが89年に他界後、28歳という若さでシングルマザーになったが、長男の俳優・松田龍平(38)、次男の俳優・松田翔太(36)、長女でアーティストの松田ゆう姫(ゆうき)(33)を育て上げた。

 11月には優作さんの33回忌を迎える。司会の黒柳徹子(88)から「御存命なら70歳を超えるところ。寂しかったでしょ。やっぱり」と振られると、美由紀は「いやー長かったというか、ずっと優作とともに生きてきた感じは今でもあるので」と語り出した。「実は私は主人の影武者をずっとやってまして。主人がポスターとか雑誌とかCMに出るときは全て監修を、アートディレクションをさせてもらっているんですね。だから、違った意味の影武者なのかなと思っているんですけど」と続けた。「旦那様だったらこうして欲しいだろうとか」と黒柳が話すと、「そうですね。何となく分かるので」と言い切った。

 番組には41年前に優作さんが出演した回のVTRも登場し、美由紀は「凄くいい声してますね。たまに優作の映像とかが出ると、こんなカッコいい人と結婚してたんだって、本当にびっくりします。自分で。ありがたいって言うか」とのろけて見せた。家庭での優作さんについては「うーんダメです。父親としてはあんまり。ダメですけど、基本的には父親としてどうとか、母親としてどうとかっていう事も大事なんですけど、人としてどうとかということが一番大事なのかなと思ってます」と表現。どういう人だったかと聞かれると、「激しかったですよね。激しい人でしたけど、すごいストイックで仕事にも。うーん大変でした」と振り返った。

関連記事(外部サイト)