【明日11月24日のカムカムエヴリバディ】第18話 家族の死受け入れられない安子、金太に掛けた言葉は

【明日11月24日のカムカムエヴリバディ】第18話 家族の死受け入れられない安子、金太に掛けた言葉は

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第18話。朝丘神社にて。拝殿の前で手を合わせる安子(上白石萌音)(C)NHK

 女優の上白石萌音(23)が1人目のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月〜土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は24日、第18話が放送される。

 空襲でひさ(鷲尾真知子)と小しず(西田尚美)を亡くした金太(甲本雅裕)は、空襲からひと月たっても床に伏せ続け心と体は回復しないままだった。安子(上白石)もまた、金太の世話をしながらも祖母と母の死を受け入れられない。そして8月15日、ラジオからは玉音放送が流れ、日本は終戦を迎えた。ある日、安子はお供えのおはぎを作ろうと金太にあんこの作り方を教えてほしいと声をかけるが…。

 上白石&深津絵里(48)&川栄李奈(26)がヒロインを務める朝ドラ通算105作目。ヒロイン3人は朝ドラ史上初。2007年後期の名作「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル脚本。ラジオ英語講座と3世代の女性による100年のファミリーヒストリーを描く。安子(上白石)の物語は日本でラジオ放送が始まった1925年(大正14年)の岡山から、安子の娘・るい(深津)の物語は62年(昭和37年)の大阪から、るいの娘・ひなた(川栄)の物語は昭和40年代の京都から始まる。

 岡山市の和菓子屋に生まれた安子は、あんこが大好きな心優しい素直な女の子。激動の世の中を懸命に生き抜いていく。

 主題歌は森山直太朗(45)が作詞・作曲し、AI(40)が歌うオリジナルソング「アルデバラン」。語りは俳優の城田優(35)が務める。

関連記事(外部サイト)