ノブコブ吉村 仮想通貨で大損激白「貯金100分の1ぐらい」「来月の家賃払えるかなぐらいまでなった」

ノブコブ吉村 仮想通貨で大損激白「貯金100分の1ぐらい」「来月の家賃払えるかなぐらいまでなった」

「平成ノブシコブシ」吉村崇

 お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇(41)が22日放送の日本テレビ「月曜から夜ふかし」(月曜後11・59)で貯金が100分の1に激減したことを激白する場面があった。

 番組では年末恒例となっている街頭インタビューで「今年の個人的な重大ニュース」をスタッフが街ゆく人たちに取材。その中で偶然、吉村に出くわした。

 「お時間大丈夫ですか?」と気づかうスタッフに笑顔で応じた吉村は、2021年の個人的な重大ニュースを問われ「仮想通貨での大損話。今の金銭状況ですよね」と話し出すと「激ヤバです」とポツリ。「貯金、マジ100分の1ぐらいです」と衝撃の告白をした。

 スタジオでVTRを見ているマツコ・デラックス(49)と「関ジャニ∞」の村上信五(39)も表情を失う中、さらに吉村は「マジでヤバい。来月の家賃払えるかな、ぐらいまでなったんですよ。月末あれがあってああでこうでって。あのギャラいつ入るんだろう、どうしようって金のことしか考えてなくて」と赤裸々に告白。番組スタッフが「お笑いに集中できないですね」と聞くと「そんなの、できるわけないじゃないですか!」と苦笑いを浮かべ「VTRでも集中できないですよ。動物のハプニング映像とか見ても『ネコ可愛い』って言ってる場合じゃねーんだよなって…」と自身の窮状を明かした。

 それでも「自分の底が見えたっていうか、意外とダメだったんだなっていうのが気づけた2021年、41歳…よかった」と遠い目をして前向きにとらえる吉村にマツコも思わず吹き出し、ナレーションでは「月額1000円のオンラインサロンをやっているそうなので、吉村を助けたい方はぜひ」とまとめられていた。 

関連記事(外部サイト)