挑戦権獲得した藤井聡太竜王は永瀬拓矢王座と対局 王将戦挑戦者決定リーグ最終3局

挑戦権獲得した藤井聡太竜王は永瀬拓矢王座と対局 王将戦挑戦者決定リーグ最終3局

<第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグ戦>初手を指す藤井竜王(撮影・尾崎 有希)

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは24日、東京都渋谷区の将棋会館で最終3局が午前10時に始まった。

 カードは…

 △藤井聡太竜王(19=5勝)VS▲永瀬拓矢王座(29=3勝2敗)

 ▲羽生善治九段(51=3勝2敗)VS△糸谷哲郎八段(33=5敗)

 △豊島将之九段(31=2勝3敗)VS▲近藤誠也七段(25=3勝2敗)

 ▲は先手、△は後手

 藤井はすでに7番勝負(来年1月9日開幕)で渡辺明王将(37)への挑戦権獲得を決めている。来期のリーグ残留は藤井のほか永瀬、羽生が決定。残る1枠は豊島―近藤戦の勝者となる。この日抜け番の広瀬章人八段(34)は2勝4敗。

 持ち時間は各4時間。正午から1時間の昼食休憩を挟み、終局は夜になる見込み。

関連記事(外部サイト)