おぎやはぎ・小木 木下都議の辞職「小池知事はドン・コルレオーネみたい。二度と手差し伸べないと思う」

おぎやはぎ・小木 木下都議の辞職「小池知事はドン・コルレオーネみたい。二度と手差し伸べないと思う」

「おぎやはぎ」の小木博明

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(50)が24日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月〜金曜前11・55)に生出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、辞職を表明した木下富美子都議(55)についてコメントした。

 木下氏は2度の辞職勧告決議にも議員続行の意向を示していたが、22日に会見を開き、辞職を表明した。会見では辞職の理由について、家族の身の安全を脅かされていることや、出席を予定していた委員会が、一部会派のボイコットを受けて流会になったことで「議員として十分に仕事させてもらえない理不尽な現実に悩んだ」などと説明した。

 小木は「会見を見て、スッキリした。まともな会見したら、今までの素行のつじつまが合わない。軽犯罪を繰り返す人の言い方だなって文言だった」と、平気で無免許運転を繰り返す人の会見だったという意味で納得した様子。

 さらに「凄いと思ったのが小池都知事。一言で、一気に変えられたっていうね、このモンスターを。映画のゴッドファーザーのドン・コルレオーネみたいな感じなんですよね。信頼していた人間が裏切ったり、ミスしたりした時、そこを優しくうまーく、説得していくんですよ。で、その人が落ち着いて一からやり直そうってなったところで殺すじゃないですか。ほんとそれに似ていて。辞めさせて、そこからもう二度と手を差し伸べないと思います」と述べた。

関連記事(外部サイト)