松丸亮吾 東大刺傷事件に沈痛「やり切れなさすぎる」 受験生へ呼びかけも「これまでの努力を出し切って」

松丸亮吾 東大刺傷事件に沈痛「やり切れなさすぎる」 受験生へ呼びかけも「これまでの努力を出し切って」

タレントの松丸亮吾

 謎解きクリエイターとして活躍中の東大出身のタレント・松丸亮吾(26)が15日、自身のツイッターを更新。この日から始まった大学入学共通テストの試験会場となった東大・本郷キャンパスで受験生ら3人が刃物のようなもので襲われ、負傷した事件について投稿した。

 「東京大学本郷キャンパス、僕がセンター試験を受けた試験会場でもあるから特に衝撃が大きい…」と事件について投稿。「共通テストはそのまま続いてるらしいから、受験生のみんなはどうか落ち着いてこれまでの努力を出し切ってほしい。。」と願い、「そして被害を受けた方の容態が一刻も早く良くなることを願います。やり切れなさすぎる…」と思いを記した。

 続けて「共通テスト、僕は自信たっぷりに解答した初日の国語が200点中100点とかで『オ、オワッタ…』ってなってたけど、2日目で挽回してギリギリ足切りライン突破できたので、最後まで諦めず自分を信じて頑張ってほしい…!!ちなみに初日すぐの自己採点はマジでオススメしない。メンタルダメージやばいよ!」と、自身の経験を踏まえて、受験生へのアドバイスも添えた。

 大学入学共通テストが始まった15日午前8時半すぎ、東京都文京区本郷7丁目の東大敷地内で、70代の男性と高校生の男女2人の計3人が刃物のようなもので襲われ負傷した。警視庁は殺人未遂容疑で17歳の少年を現行犯逮捕。大学入試センターによると、大学入学共通テストの受験生2人が負傷したという。東大では、共通テストの1日目の試験は予定通り始まった。

関連記事(外部サイト)