新井浩文(本名・朴慶培)被告が保釈 示談不成立なら懲役3、4年と弁護士が推測

記事まとめ

  • 新井浩文(本名・朴慶培)被告が警視庁本部から保釈され、事件現場となった自宅へ帰宅
  • 新井浩文被告側は保釈保証金500万円を納付し、東京地検は準抗告したが棄却された
  • 被害者と示談成立すれば執行猶予付きの可能性があるが、不成立なら懲役3、4年だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております