椎名桔平 タケコプターでどこへ行く?家中どこでも「ドア〜 ドア〜」

椎名桔平、スマホアプリ「モンスターストライク」の新CMに出演 モノマネを披露

記事まとめ

  • 俳優の椎名桔平(54)が、5日から放送されるミクシィの新CMに出演する
  • 椎名はスーツ姿で「自宅のドア〜」とドラえもんのモノマネを披露した
  • ひょうきんなパパ役を通して椎名は"モノマネを通じた親子のコミュニケーション"を表現

椎名桔平 タケコプターでどこへ行く?家中どこでも「ドア〜 ドア〜」

椎名桔平 タケコプターでどこへ行く?家中どこでも「ドア〜 ドア〜」

スマホアプリ「モンスターストライク」の新CMに出演する椎名桔平

 俳優の椎名桔平(54)が、5日から放送されるミクシィの新CMに出演する。スマホアプリモンスターストライク」と「映画ドラえもん のび太の月面探査記」のコラボ開始に伴い、XFLAGスタジオがCMを放送する。

 自宅の玄関前、スーツ姿のパパ(椎名)はドアの前で声の調子を整えると、勢いよく玄関の扉を開け「自宅のドア〜」とドラえもんのモノマネ。すると、息子(田野井健)も声マネしながら「トイレのドア〜」と出迎える。

 互いのモノマネにほほ笑み合った2人は「お風呂のドア〜」「冷蔵庫のドア〜」と家中のあらゆるドアを夢中で開け続ける。ママに「うるさい」と叱られ、われに返ると背筋をピンと伸ばし「はい」と反省する。ここで「月の裏側を見に行こう!」と本物のドラえもんが登場。リビングではパパと息子が仲よくゲームをプレーし、横には優しくほほ笑んでいるママの姿が。最後はタケコプターをつけたパパと息子がゲームのタイトルを口にしながら、タイミングを合わせてジャンプするという内容だ。

 子育てに関し「愛情を持って心から接することを大事にしている」という椎名は、ひょうきんなパパ役を通して“モノマネを通じた親子のコミュニケーション”を表現した。

関連記事(外部サイト)