永野芽郁 ドラマ「3年A組」の結末を気にする周囲に驚き「普段連絡がない人から…」

永野芽郁が「3年A組」の周囲の反響の大きさに驚き 「普段連絡がない人から…」

記事まとめ

  • 永野芽郁が6日、日本テレビ系「バケット」にVTR出演し「3年A組」について語った
  • 前回の同ドラマの放送で、永野演じる茅野さくらの衝撃の告白が話題になっているという
  • 永野は「普段連絡がない人から連絡がくる」と結末を気にする周囲の反響の大きさに驚き

永野芽郁 ドラマ「3年A組」の結末を気にする周囲に驚き「普段連絡がない人から…」

永野芽郁 ドラマ「3年A組」の結末を気にする周囲に驚き「普段連絡がない人から…」

女優の永野芽郁

 女優の永野芽郁(19)が6日、日本テレビ系「バケット」(月〜木曜前10・25)にVTR出演。10日に最終回を迎える永野出演の同局ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日曜後10・30)について語った。

 5日に映画「君は月夜に光り輝く」(監督月川翔、15日公開)の公開直前イベントを行い、俳優の北村匠海(21)とともに同番組のインタビューに応じた。その中で、前回の同ドラマの放送で、永野演じる茅野さくらの「私が澪奈を殺したの」という衝撃の告白が話題になっていることについて触れた。

 インタビュアーから「(ドラマの結末について)いろんな方から聞かれませんか?」と問われた永野は「相当」と話し「普段連絡がない人から連絡がきますもん。『犯人なの?黒幕なの』って…」と周囲の反響の大きさに驚いていた。

関連記事(外部サイト)