海老蔵「緑豊かな世界つくれたら」 6年目迎えた植樹イベント「ABMORI」で抱負

市川海老蔵、6年目迎えた植樹イベント「ABMORI」記者会見でビデオレター

記事まとめ

  • 歌舞伎俳優の市川海老蔵が「ABMORI2019」の記者会見にビデオレターを寄せた
  • 同企画は海老蔵自身が発案し、2014年から長野・志賀高原で行われている植樹イベント
  • 来年5月に「市川團十郎白猿」を襲名するが、襲名後のイベント名については未定

海老蔵「緑豊かな世界つくれたら」 6年目迎えた植樹イベント「ABMORI」で抱負

海老蔵「緑豊かな世界つくれたら」 6年目迎えた植樹イベント「ABMORI」で抱負

「ABMORI」の会見にビデオレターを寄せた市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が8日、都内で行われた「ABMORI(エビモリ)2019」の記者会見にビデオレターを寄せた。

 同企画は、自身が発案し14年から毎年、長野・志賀高原で行われている植樹イベント。今年は6月1日に行われる。海老蔵は「この活動をこれからも続けて、緑豊かな世界をつくれたらいいなと思っています」とメッセージを寄せた。来年5月には「市川團十郎白猿」を襲名する。襲名後のイベント名について関係者は「未定です」としている。

関連記事(外部サイト)