堀ちえみ 20日ぶりの外出を報告「外は久しぶりの物で溢れていました」

堀ちえみが20日ぶりの外出を報告 嚥下食に「楽しみです!」とリハビリへの意欲も

記事まとめ

  • 舌がんの手術を受けた堀ちえみがブログを更新し、20日ぶりの外出を報告した
  • 堀は「病院の周りを1km以上、リハビリを兼ねての散歩」と順調な回復ぶりを報告
  • 「月曜日からは嚥下食ステップ2に進みます。楽しみです!」とリハビリへの意欲も

堀ちえみ 20日ぶりの外出を報告「外は久しぶりの物で溢れていました」

堀ちえみ 20日ぶりの外出を報告「外は久しぶりの物で溢れていました」

堀ちえみ

 ステージ4の舌がんの手術を受け、都内で入院中の堀ちえみ(52)が10日、ブログを更新し、「お日様に当たるの20日ぶりかな」と久々の外出を報告した。

 「昨日の朝、いろいろな診察が終わってから、あまりにもお天気がいいので、外を散歩する事にしました。病院の周りを1km以上、リハビリを兼ねての散歩です」とつづった堀は「お日様に当たるの20日ぶりかな」と明かし、順調な回復ぶりを報告。

 続けて「外は久しぶりの物で溢れていました。車の音・鳥のさえずり・花壇に咲く花・時折吹く風・青空にひこうき雲…生きているんだなぁと、実感」と何気ない日常に感じた素直な思いをつづった。

 夫が病室に訪れ、リハビリに付き合ってくれたことも明かし、「リハビリ頑張ったな!のご褒美に院内のコンビニで、プリンを買って来てくれました」と感謝も記した堀。最後は「ゼリーのリハビリをしました。今回は味噌汁のゼリーが出ました。ゼリーの嚥下は、もう大丈夫です。月曜日からは嚥下食ステップ2に進みます。どんなものが出てくるのがドキドキします。楽しみです!」とリハビリへの意欲を示していた。

関連記事(外部サイト)