NGT48・山口真帆 16、17日の握手会不参加を発表

NGT48の山口真帆 16、17日の握手会不参加を発表 昨年12月に男2人から暴行被害も

記事まとめ

  • NGT48の山口真帆がAKB48「NO WAY MAN」劇場盤発売記念大握手会に不参加と発表
  • 山口は事件発覚後の1月、新潟市で行われたグループのデビュー3周年記念公演に出演も
  • 運営側は1月に会見し劇場支配人の更迭と対応の遅れを謝罪、“風紀の乱れ”を認めた

NGT48・山口真帆 16、17日の握手会不参加を発表

NGT48・山口真帆 16、17日の握手会不参加を発表

NGT48の山口真帆

 昨年12月に男2人から暴行被害を受けたNGT48の山口真帆(23)が、今月16、17日に神奈川・パシフィコ横浜で行われるAKB48「NO WAY MAN」劇場盤発売記念大握手会に不参加となることが12日、グループの公式ブログで発表された。

 「お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心より深くお詫び申しあげます」と謝罪している。

 山口は事件発覚後の今年1月10日、新潟市の専用劇場で行われたグループのデビュー3周年記念公演に気丈に出演し「たくさんお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪。その後、同12日のイベントは体調不良のため休演した。グループは1月20日に行われた大握手会は兼任メンバーを除き不参加。2月9日、約1カ月ぶりに正規メンバーが出演する劇場公演を再開したが、山口の出演は未定のままとなっている。

 運営側は1月14日に会見し劇場の支配人の更迭と対応の遅れを謝罪。グループ内に“風紀の乱れ”があったことを認めた。2月1日には事件を調査する第三者委員会の設置を発表。1カ月半をめどに調査し、終了後に運営会社AKSが結果を公表するとしている。

関連記事(外部サイト)