小池徹平 英国留学中のウエンツ瑛士とは「ちょいちょい連絡」「勉強を頑張っているみたい」

小池徹平がウエンツ瑛士の近況について語る 今でも連絡を取り合っていることも明かす

記事まとめ

  • 小池徹平が15日放送のTBS「A―Studio」に出演し、ウエンツ瑛士の近況について語った
  • 小池は今でも連絡を取り合っていることを明かし「勉強を頑張っているみたい」と話した
  • 小池はウエンツと16年まで「WaT」として活動、現在小池もミュージカルを主戦場に活動

小池徹平 英国留学中のウエンツ瑛士とは「ちょいちょい連絡」「勉強を頑張っているみたい」

小池徹平 英国留学中のウエンツ瑛士とは「ちょいちょい連絡」「勉強を頑張っているみたい」

「WaT」として活動していたウエンツ瑛士(左)と小池徹平

 俳優の小池徹平(33)が15日放送のTBS「A―Studio」(金曜後11・00)に出演。昨秋に英国へ留学したタレントのウエンツ瑛士(33)の近況について語る場面があった。

 小池はウエンツと16年まで「WaT」として活動。現在、ウエンツはミュージカルの勉強のため渡英しているが、小池も再演が決まったブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」に出演するなど、ミュージカルを主戦場に活動している。

 MCの笑福亭鶴瓶(67)から「(小池の)影響あるんちゃうの?」と問われると、小池も「確実にあるって本人も言ってたので」と応じた。そんな鶴瓶からウエンツの近況を聞かれると「(ちゃんと)やってます」とキッパリ。「ちょいちょい連絡取らしてもらったり」と今でも連絡を取り合っていることを明かした。さらに、共通の友人や知人が渡英した際に、ウエンツと会ったことをLINEで送ってきたりするといい、「勉強を頑張っているみたいなので」と笑顔を見せた。

 語学力については「(英語を話せるように)なっていると思いますよ、ほとんど」。ただ、ハーフだけど英語は話せないということがウェンツのキャラクターとして定着していることもあり、「おもろなくなってまうんちゃうかなって。あれでしゃべれたら普通」と“普通”になってしまうことを危惧。「これで帰ってきてしゃべられへんってのが一番おもろい」と異国で頑張る“元相棒”をイジリつつ、エールを送った。

関連記事(外部サイト)