再婚の登坂アナ プロポーズの言葉は“なし”「明確に言った感じではない」

元NHK登坂淳一アナウンサーが再婚を報告 結婚前提の交際だったことを明かした

記事まとめ

  • 元NHK登坂淳一アナウンサーが「ワイドナショー」に出演し、再婚したことを報告
  • 登坂アナはプロポーズの言葉については「明確に言ったという感じではない」と明かした
  • 女性とは2010年夏にNHK札幌放送局勤務時に知り合い、遠距離恋愛で愛を育んできたそう

再婚の登坂アナ プロポーズの言葉は“なし”「明確に言った感じではない」

再婚の登坂アナ プロポーズの言葉は“なし”「明確に言った感じではない」

登坂淳一アナウンサー

 元NHKでフリーの登坂淳一アナウンサー(47)が17日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。30代の一般女性と再婚したことを改めて報告した。

 「麿(まろ)」の愛称で知られる登坂アナは01年にNHKで同期の女性と結婚したが、17年に離婚。女性との出会いは2010年夏。NHK札幌放送局勤務時に知り合った。交流はなかったが、鹿児島放送局に異動後の17年5月、同地を旅行で訪れた女性と再会。夏から交際に発展した。昨年1月にフリーアナに転身してからは、東京と北海道を行き来する遠距離恋愛で愛を育んできた。

 「私事ですが、私、結婚致しました」と照れながら報告した登坂アナは「まだ一緒には住んでいませんが、そのうち一緒に住もうと…」と語り、交際は「ゴタゴタするちょっと前ぐらい」に始まり、「頑張れって言ってもらって、ありがたいことに大丈夫でした」と笑った。

 プロポーズの言葉については「明確に言ったという感じではない」とし、「お互いいい年齢なので、『一緒に結婚とか考えながら付き合ってみませんか』って」と結婚前提の交際だったことを明かした。

関連記事(外部サイト)