加藤浩次 内田裕也さんから電話で怒鳴られるも…最後は「わかった。ロケンロール」

加藤浩次が故・内田裕也さんに電話で怒鳴られるも、最後は「わかった、ロケンロール」

記事まとめ

  • 極楽とんぼの加藤浩次が「スッキリ」で、故・内田裕也さんとのエピソードを明かした
  • 内田さんは電話で加藤を怒鳴ったが、最後は「わかった、ロケンロール」と切ったとか
  • また加藤は、対談番組のオファーに内田さんが「2つ返事で出ていただいて」と話した

加藤浩次 内田裕也さんから電話で怒鳴られるも…最後は「わかった。ロケンロール」

加藤浩次 内田裕也さんから電話で怒鳴られるも…最後は「わかった。ロケンロール」

「極楽とんぼ」の加藤浩次

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が18日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送で、17日に79歳で死去したロック歌手で映画俳優の内田裕也さんとのエピソードを明かした。

 加藤は、「スッキリ」に内田さんがVTRで出演した時の話として「僕もちょっと覚えてないんですけど、僕が変なこと言ったんでしょうね。そしたら内田裕也さんが、誰かから僕が言った言葉を聞いて、吉本興業に電話かかってきて『お前んとこの会社の加藤ってやつ、俺の文句言ったのか』って電話があって」と告白。

 その後、きちんと話をしようと考え「電話番号聞くのは申し訳ないですから、僕の電話番号を(内田さんに)教えて下さい」と言って吉本興業を通じて伝えると、「内田さんから電話かかってきたんですよ。『お前、俺の文句言ってんのか。この野郎』」と怒鳴られたという。

 その電話で詳細を説明したところ、内田さんは「お前、俺に電話番号教えてくるなんて気合入ってるな。わかった。ロケンロール」と言って電話を切ったそうだ。また「その後、僕が対談の番組をやってて内田さんにオファーを出したら『あのときの加藤だな。じゃあ出てあげる』って2つ返事で出ていただいて」とのエピソードも明かしていた。

関連記事(外部サイト)