フジ幹部 「ハズキルーペ」CM引き上げ認める「提供が終了したというのは事実」

フジテレビ、『バイキング』『とくダネ!』提供の「ハズキルーペ」CM引き上げ認める

記事まとめ

  • フジテレビの定例社長会見で、「ハズキルーペ」がCMを引き上げるとしたトラブルに言及
  • 松村一郎常務取締役は「3月いっぱいで番組の提供が終了したというのは事実」と認めた
  • 提供終了の番組は同社が3月まで提供している「バイキング」、「とくダネ!」の2番組

フジ幹部 「ハズキルーペ」CM引き上げ認める「提供が終了したというのは事実」

フジ幹部 「ハズキルーペ」CM引き上げ認める「提供が終了したというのは事実」

フジテレビ社屋

 フジテレビが29日、東京・台場の同局で定例社長会見を行い、一部週刊誌で報じられた「ハズキルーペ」がCMを引き上げるとしたトラブルについて言及した。

 同社の松村一敏常務取締役は「正確には3月いっぱいで番組の提供が終了したというのは事実でございます」と提供終了については事実と認めた。

 ただ詳細については「相手もあることですので、この場での説明は適切ではないと考えております」と多くを語らなかった。今後のスポットについても「出さないとは聞いておりません」とした。

 提供終了の番組は同社が3月まで提供している「バイキング」(月〜金曜前11・55)、「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)の2番組。トラブルの経緯などについては「回答は控えさせていただい」とコメントしなかったが、ただ「CMの内容は放送基準を視聴者に配慮して、フジテレビとしては正しくしておりますし、スポンサーに対しても誠意をもってやらせていだいていますし、今回も適切な営業活動をしたと考えております」とした。

 今回の報道では、同社のCMでの“女性がお尻で踏む演出”を巡りトラブルになったとされ、4月以降、お昼のバラエティー「バイキング」(月〜金曜前11・55)からCMを引き上げるなどと報じられた。

関連記事(外部サイト)