NHK鈴木奈穂子アナ 出産のため「ニュース7」卒業「いつか、どこかの時間帯で」

NHK・鈴木奈穂子アナが「ニュース7」卒業 2012年11月、TBS社員と結婚、産休へ

記事まとめ

  • NHK「ニュース7」の鈴木奈穂子アナウンサー(37)が29日、番組を卒業した
  • 鈴木アナは2012年11月、TBS社員と結婚、今月24日付のブログで妊娠を報告していた
  • 4月からは高井正智アナ(38)に、瀧川剛史アナ(37)と上原光紀アナ(27)が加わる

NHK鈴木奈穂子アナ 出産のため「ニュース7」卒業「いつか、どこかの時間帯で」

NHK鈴木奈穂子アナ 出産のため「ニュース7」卒業「いつか、どこかの時間帯で」

鈴木奈穂子アナ

 2017年4月からNHK「ニュース7」(月〜日曜後7・00)の平日キャスターを務めた鈴木奈穂子アナウンサー(37)が29日、番組を卒業した。

 2012年11月、TBS社員と結婚。今月24日付のブログで「春の訪れと共に新年度に向けて何かと気忙しい時期ですが、そんな中で、私も出産のため3月末をもってニュース7を離れることになりました」と妊娠を報告している。

 番組の最後、鈴木アナは「『ニュース7』を担当したこの2年、大きな災害や事件など伝えるのがつらいニュースもありましたが、新しい時代に向けての希望となるニュースをお伝えできたことも印象に残っています。また、いつか、どこかの時間帯で皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。2年間、本当にありがとうございました」と笑顔であいさつした。

 4月からの「ニュース7」は2人体制から3人体制に。平日は現在もキャスターの高井正智アナウンサー(39)に、瀧川剛史アナウンサー(37)と上原光紀アナウンサー(27)が加わる。

関連記事(外部サイト)