「中学聖日記」でブレーク 岡田健史が初写真集、10代見納め 6・12発売

岡田健史、6月にファースト写真集「鼓動」を発売 TBS「中学聖日記」でブレーク

記事まとめ

  • 岡田健史(19)が、6月12日にファースト写真集「鼓動」(講談社)を発売する
  • 岡田は18年のTBSドラマ「中学聖日記」で、ヒロインの相手役を演じて話題に
  • 撮影は米ロサンゼルスと日本で行われ、岡田は「最高なロケ地でした」と振り返った

「中学聖日記」でブレーク 岡田健史が初写真集、10代見納め 6・12発売

「中学聖日記」でブレーク 岡田健史が初写真集、10代見納め 6・12発売

岡田健史のファースト写真集「鼓動」のワンショット

 18年のTBSドラマ「中学聖日記」で、ヒロインの相手役を演じて話題になった俳優岡田健史(19)が、6月12日にファースト写真集「鼓動」(講談社)を発売する。5月12日に20歳の誕生日を控え、10代の姿を収めた最初で最後の一冊になる。

 撮影は米ロサンゼルスと日本で実施。ロサンゼルスの思い出を「広大な砂漠が広がるすぐ横に、山頂に雪が積もっている山々など、自然が好きな自分にとっては最高なロケ地でした」と振り返った。中学聖日記をきっかけに、インスタグラムのフォロワーが70万人を超える人気。「19歳の自分にしか出せないモノ、表情、雰囲気を出すべく、スタッフの皆さんと力を合わせて、『鼓動』が生まれました」とPRした。

関連記事(外部サイト)