小倉智昭氏 ケーシー高峰さん悼む…共演時振り返り「ご一緒できるのが本当うれしくて」

小倉智昭氏 ケーシー高峰さん悼む…共演時振り返り「ご一緒できるのが本当うれしくて」

小倉智昭キャスター

 キャスターの小倉智昭氏(71)が10日、フジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に出演。8日に肺気腫のため福島県いわき市内の病院で85歳で死去したケーシー高峰(たかみね、本名門脇貞夫=かどわき・さだお)さんを偲んだ。

 黒板やホワイトボードを使ったお色気医事漫談で知られたケーシーさん。番組に出演した俳優の梅沢富美男(68)は「ドラマでもご一緒させていただいていた。俳優さんとしても凄い方で郷土の先輩ですし…。何が面白いって医学用語で下ネタやるって一番面白いですね、最高ですね」と話した。

 小倉氏は「面白いですね、医事漫談」としみじみ。「僕はアナウンサーになり立てのころからケーシーさんの追いかけみたいで、ステージとかコンサートとかよく見に行っていたんです」と告白。その後、ケーシーさんと競馬中継をする番組で一緒に仕事をする機会があり「スタジオのほうで、ケーシーさんとかが司会をやっていて『セニョール』と競馬場の小倉に呼びかけてくれるんですよ。競馬場だとあんまり話ができないじゃないですか。競馬がストなったり、雪が降ったりして、土曜日の競馬が中止になるとスタジオに呼ばれてケーシーさんとご一緒できるのが本当うれしくてね。お世話になりました」と回顧。「最近は密葬の方が多いんでお別れができないのがちょっと残念です」としつつ「本当に素晴らしい芸を残してくださいました。ありがとうございました」と追悼した。

関連記事(外部サイト)