水樹奈々「内気でシャイ」だった子供時代、でもマイクを持つと…

水樹奈々が「えひめさんさん物語」応援隊長に就任 内気でシャイな幼少期を振り返る

記事まとめ

  • 水樹奈々が愛媛県東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」制作発表会に出席
  • 同県新居浜市出身の水樹は応援隊長に就任し、「とてもうれしい。」と意気込んだ
  • 発表会では水樹の幼少期の写真が公開され「内気でシャイなタイプだった」と振り返った

水樹奈々「内気でシャイ」だった子供時代、でもマイクを持つと…

水樹奈々「内気でシャイ」だった子供時代、でもマイクを持つと…

「えひめさんさん物語」応援隊長に就任した水樹奈々

 声優水樹奈々が15日、都内で行われた愛媛県東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」制作発表会に出席した。

 「えひめさんさん物語」は愛媛の新居浜市、西条市、四国中央市で4月20日から11月24日まで約7カ月巻開催される広域振興イベントで、同県新居浜市出身の水樹が応援隊長に就任した。自身の名前が書かれた巨大な名刺を受け取ると「とてもうれしい。全国のみなさんに参加してもらえるようアピールしていきたい」と意気込んだ。

 水樹は「愛媛県はそれぞれ3つの地域に分かれていて、それぞれの良さがある。いつか東予地区のイベントがあればいいと思っていたので、ついにきた。早くみなさんに良さをお伝えしたかった。満を持してのタイミングなのでは」と開催に喜び。また、おすすめの名産品を聞かれると「えび天」を挙げ、「さつま揚げみたいな感じ。子供の頃はおやつ代わりに食べていた」と語った。

 発表会では、水樹の幼少期の写真が公開。幼い頃は「すごく人見知りで、内気でシャイなタイプだった。でもマイクを持つと人が変わると言われていた」と苦笑いで明かし、「歌は大好きだった。両親の影響で毎日練習した。学校の先生も応援してくれていた」と振り返った。

関連記事(外部サイト)