内山理名「ラジエーションハウス」で19年ぶり月9出演!「監督に調理してほしい」

内山理名「ラジエーションハウス」で19年ぶり月9出演!「監督に調理してほしい」

月9「ラジエーションハウス」に出演する(左から)窪田正孝、本田翼、内山理名(C)フジテレビ

 女優の内山理名(37)が22日放送のフジテレビ月9ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(月曜後9・00)第3話にゲスト出演することが分かった。内山の月9出演は「バスストップ」(2000年7月期)以来、19年ぶりとなる。

 「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。主演の窪田正孝(30)演じる放射線技師、五十嵐唯織(いがらし・いおり)が、患者の“視えない病”を診つけ出し、命を次々と救っていく物語。同僚に、本田翼(26)や広瀬アリス(24)ら若手陣が名を連ね、遠藤憲一(57)、山口紗弥加(39)、浜野謙太(37)らが脇を固める。

 内山が演じるのは、女性誌の編集者・葉山今日子。7歳年下の後輩・平田公太(松下洸平)との結婚を控えている今日子は、ブライダルチェックの一つとして甘春総合病院の乳腺外科を訪れ、マンモグラフィー検査を受ける。

 今日子は、母と祖母ががんに罹患(りかん)していることもあって、毎年マンモグラフィー検査を受診してきた。検査の結果、異常なしとの診断を受けた今日子は、公太にも結果を報告。公太は、今日子が手がけた「憧れのウェディング特集」で紹介していた北海道の雪の教会で結婚式を行おうと盛り上がっていた。だが、今日子のマンモ画像を見て追いかけてきた唯織(窪田)から、なるべく早く超音波検査を受けるように言われたことが気になって…。

 内山は19年ぶりの月9出演に「芝居について監督さんにたくさん怒られた思い出があるのが月9のイメージですかね(笑)。お芝居について本当に学びの多い現場でした。逆に今回は、自分と同世代の監督(金井紘監督)なのがすごく楽しみです。20年近くお仕事をしていると、年上の監督さんや大御所と呼ばれる方とのお仕事が多かったので“教えてもらう”という感覚がほとんどでしたが、同世代の男性の監督なのでこれは面白いなと思いまして、今回は監督に“調理”してほしいなと。ですので、監督の言うことに“はい!はい!”と従っています(笑)」とコメント。

 初共演となる窪田の印象については「今回、難しい医療モノということで、役どころ含め凄く頑張ってらっしゃると感じました。本当にまじめな役者さんだと思いますし、そのままストレートに演じられているのを近くで見させていただいているので、本当に気持ちいいですね」と称えた。

関連記事(外部サイト)