佐藤浩市が“首相を揶揄” ネット上で批判 漫画誌インタビュー記事

佐藤浩市に安倍晋三首相を揶揄とネット上で批判 ビッグコミックにインタビュー掲載

記事まとめ

  • 佐藤浩市のインタビューがビッグコミックに掲載され、ネット上で批判されている
  • 映画の総理大臣役についての佐藤の発言に「病人への思いやりがない」との声が上がった
  • 潰瘍性大腸炎の持病がある安倍晋三首相を揶揄している、との指摘も続出している

佐藤浩市が“首相を揶揄” ネット上で批判 漫画誌インタビュー記事

佐藤浩市が“首相を揶揄” ネット上で批判 漫画誌インタビュー記事

佐藤浩市

 販売中の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている俳優の佐藤浩市(58)のインタビュー内容がインターネット上で批判されている。

 インタビューは、佐藤が出演する24日公開の映画「空母いぶき」で自身が演じる総理大臣役について「彼はストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまう設定にしてもらった」と発言。ネット上ではこれに対し「病人への思いやりがない」などの声が上がった。また、安倍晋三首相に「潰瘍性大腸炎」の持病があることから「首相を揶揄(やゆ)している」との指摘も相次いだ。

 佐藤は13日、都内で行われる別映画の舞台あいさつに登壇する。

関連記事(外部サイト)