前田敦子 長男について語った「私の子なのに、こんなに可愛い子が生まれるなんて」

前田敦子 長男について語った「私の子なのに、こんなに可愛い子が生まれるなんて」

映画「町田くんの世界」の公開記念舞台あいさつに臨んだ前田敦子(左)と高畑充希

 女優の前田敦子(27)が8日、都内で行われた映画「町田くんの世界」(石井裕也監督)の公開記念舞台あいさつに出席。今年3月に出産した第1子の長男について「私の子なのに、こんなに可愛い子が生まれるなんて」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 「町田くんの世界」は安藤ゆき氏の同名コミックが原作で、映画はラストシーンで奇跡的な展開を迎える。これにちなんで、この日のMCを務めた俳優の太賀(26)が「みなさんにとっての奇跡を教えてください。なるべく記事になるような回答で」とこの日の出席者全員に問いかけると、まず共演者の高畑充希(27)が前田の出産を挙げた。

 高畑は「あっちゃんが出産して、次の日に赤子に会いに行ったんです。あっちゃんの、おなかの中から赤子が出て来るなんて…と奇跡に感じたんです。あっちゃんのおなかからも人間が出て来るんだな」と、人間の尊厳を感じた日について紹介。前田も「みっちゃん(高畑)が我が子に会いに来てくれた時は(乳児の顔は)まだ、パンパンな感じだったんです」と振り返った。

 日に日に成長していく長男について「すごく目が大きくて。私の子なのに、こんなに可愛い子が生まれるなんて。それが奇跡です」と続け、「のろけです。すみません」と頭を下げた。

 映画の主人公は1000人のオーディションで選ばれ、演技経験がほぼゼロの細田佳央太(17)と関水渚(21)がW主演。前日7日に初日を迎えた。この日はEXILEの岩田剛典(30)、池松壮亮(28)、松嶋菜々子(45)も出席した。

 前田は5月7日のジャパンプレミアは、前日に自宅で膝の靱帯を負傷したため欠席していた。負傷後は自宅療養を続けていたが、今月3日には都内で行われた別の映画のイベントで、「(足の具合は)良い感じなんですけど、ご迷惑をおかけしました」と笑顔で答えた。

 前田は2018年7月に俳優の勝地涼(32)と結婚した。 

関連記事(外部サイト)