津川さん雪路さん夫妻の長女・真由子が初コンサート 涙ながらに「そこらへんで2人が見ている」

津川雅彦さんと朝丘雪路さん夫妻の長女で女優の真由子が初コンサート"2人が見ている"

記事まとめ

  • 津川雅彦さんと朝丘雪路さん夫妻の長女、真由子がきのう、初コンサートを開いた
  • 真由子は「そこらへんで2人が見ていると思います」と涙ながらに語った
  • 秋から全国ツアーを展開する予定もあり、会場には岩下志麻や安藤和津の姿も見えた

津川さん雪路さん夫妻の長女・真由子が初コンサート 涙ながらに「そこらへんで2人が見ている」

津川さん雪路さん夫妻の長女・真由子が初コンサート 涙ながらに「そこらへんで2人が見ている」

初コンサートで10曲を熱唱した真由子

 津川雅彦さんと朝丘雪路さん夫妻の長女で、2月に「歌手になります宣言」をした女優の真由子(45)が8日、東京都千代田区のカスケードホールで初コンサートを開いた。

 津川さんが好きだった「テネシー・ワルツ」や朝丘さんの“隠れた名曲”といわれる「別れのスナック」など10曲を熱唱。真由子は「そこらへんで2人が見ていると思います。ママは“真由子、もうちょっと声を出しなさい”と言い、父は帽子を深くかぶって腕を組みながら…」と涙ながらに語った。

 秋から全国ツアーを展開する予定もある。会場には岩下志麻(78)や安藤和津(71)の姿も見えた。

関連記事(外部サイト)