「あさイチ」効果“慎吾ママ”がトレンド入り!「なつぞら」山寺宏一出演、朝ドラ受け“おっはー”から派生

NHK「あさイチ」で博多大吉らが朝ドラ受け“おっはー” “慎吾ママ”もトレンド入り

記事まとめ

  • NHK連続テレビ小説「なつぞら」に山寺宏一が登場し、博多大吉らが“朝ドラ受け”した
  • 博多華丸は香取慎吾が演じた慎吾ママの“おっはー”をジャスチャーし、トレンド入り
  • 山寺は2016年まで19年間、テレビ東京の子供向け番組「おはスタ」でMCを務めた

「あさイチ」効果“慎吾ママ”がトレンド入り!「なつぞら」山寺宏一出演、朝ドラ受け“おっはー”から派生

「あさイチ」効果“慎吾ママ”がトレンド入り!「なつぞら」山寺宏一出演、朝ドラ受け“おっはー”から派生

山寺宏一

 NHKの朝の情報番組「あさイチ」(月〜金曜前8・15)が13日に放送され、この日放送の連続テレビ小説「なつぞら」(月〜土曜前8・00)第64回に声優の山寺宏一(57)が登場したため、MCの博多大吉(48)と近江友里恵アナウンサー(30)が、山寺が2016年まで19年間MCを務めたテレビ東京の子供向け向けバラエティー番組「おはスタ」のあいさつ“おっはー”で朝ドラ受けした。

 すると、博多華丸(49)は香取慎吾(42)が演じたキャラクター“慎吾ママ”の方の“おっはー”をジェスチャー。“慎吾ママ”がツイッターのトレンド入りし、話題を呼んだ。

 この日の第64回は山寺が無声映画の弁士にして、戦後はラジオやテレビなど多方面で活躍し、マルチタレントの元祖といわれる徳川夢声が連想される元活動弁士・豊富遊声を演じ、さらに劇中アニメ映画の原作「白蛇伝」の森繁久彌に当たる役どころに「大変なプレッシャーでした」と重圧を吐露。緊張しながらも平常心を保ち、アテレコシーンで“七色の声”を披露した。

関連記事(外部サイト)