崎谷健次郎 27年間にわたるストーカー被害 公式サイトで容疑者逮捕を報告

 「もう一度夜を止めて」などのヒットで知られるシンガーソングライターの崎谷健次郎(56)が17日、自身の公式サイトで、27年間、ストーカー被害を受け続け、その容疑者が12日に警視庁に逮捕されたことを報告した。

 崎谷は「この春Realism〜Anthology〜がリリースとなりツアーが始まった矢先ではありますが、ご報告があります」と切り出し、「一部お気づきの方がいらっしゃるかも知れませんし、この報告によって初めて知る方には驚かせてしまうことになりますが、27年間、崎谷にストーカーを続けてきた容疑者が、6月12日ストーカー規制法違反と名誉毀損で警視庁に逮捕されました」と報告した。

 「容疑者は1992年からストーカーを開始し、2019年春から僕や僕の周りの人間に対して妄想で中傷するブログを始め、ネットによるストーカーと名誉毀損を繰り返していました」と経緯を説明し「ファンの皆様及び関係者の皆様にはこの件で多大なご心配をかけました事をお詫び申し上げます」とファンや関係者への謝罪をつづった。

 容疑者はブログを持っており、そこで書かれている内容については「全く根拠のかけらもないでたらめである」と主張。「これまで敢て僕のプライバシーを語って来なかった」というが、容疑者のブログでプライバシーもさらされてしまっていることから、「この際全てお話しさせていただくことにしました。寝耳に水の事かも知れませんがご了承ください」とした。

 崎谷は24歳の時に同級生の作詞家と結婚するもその後離婚。34歳の時に現在の所属事務所社長である妻と再婚し、子どもはいないと説明。「この度逮捕された容疑者についてですが。僕が1991年にレコーディングでニューヨークに行った時に当時吉國氏がNY大学に留学しており、その時の大学の知り合いとしてわずかな時間、容疑者含め3人で話す機会がありましたが、交際はしておりません」とした。

 「容疑者には27年分の崎谷と関係者スタッフの苦しみを理解して 今後はストーカーを止めるよう切に願います。ネットでも現実でも今後もし容疑者がストーカー及び名誉毀損を繰り返すならば、その都度、刑事告訴する所存です」と今後もストーカー行為を繰り返すならば、刑事告訴も考えるがあることを強く主張。「このようなことで僕の音楽が被害を受けるようなことは許されませんし、ファンの皆様にはこれからも音楽を届けたいと思っています。皆さんの支援にお応えすべくRealism〜Anthology〜tourはこのまま続けてまいります。応援をこれからもお願い申し上げます」とファンにメッセージを送り、「この件で動いてくださりお世話になった警視庁、警察関係者及び担当弁護士の皆様にこの場を借りて御礼を申し上げます」と締めくくった。

 公表された文章全文は以下の通り。

崎谷健次郎よりファンの皆様、関係者の皆様へ

この春Realism〜Anthology〜がリリースとなり ツアーが始まった矢先ではありますが、ご報告があります。一部お気づきの方がいらっしゃるかも知れませんし、この報告によって初めて知る方には驚かせてしまうことになりますが、27年間、崎谷にストーカーを続けてきた容疑者が、6月12日ストーカー規制法違反と名誉毀損で警視庁に逮捕されました。

容疑者は1992年からストーカーを開始し、2019年春から僕や僕の周りの人間に対して妄想で中傷するブログを始め、ネットによるストーカーと名誉毀損を繰り返していました。

ファンの皆様及び関係者の皆様にはこの件で多大なご心配をかけました事をお詫び申し上げます。

この容疑者のブログでの主な主張は、今リリース中の新譜「Realism〜Anthology〜」に携わる作詞家 有木林子こと吉國一己が中心となり、僕の所属する事務所インプレッションの社長、鶴崎江理子とストーカー案件を担当した田瀬弁護士が共謀して暴力団と組んで僕をDVによる支配をしている、ということが書いてありますが、これらが全く根拠のかけらもないでたらめであるということを申し上げます。

吉國氏は20年ほど海外にずっと暮らしており、20年ほど僕は会っていないし、今僕は吉國氏の連絡先も分かりません。(連絡先を知らずとも、吉國氏のRealismの印税は、日本著作権協会に届けがある口座に自動的に振り込まれます)

また容疑者のブログに国籍のデマが書いてあります、崎谷健次郎、吉國一己共に両親は日本人です。

これまで敢て僕のプライバシーを語って来なかったのですが、容疑者のブログに僕の一部のプライバシーが書いてあり、この際全てお話しさせていただくことにしました。寝耳に水の事かも知れませんがご了承ください。

僕は24歳の時に広島時代の同級生だった作詞家 有木林子こと吉國一己と結婚しましたが、数年間別居後、僕が28歳の時に離婚しました。そしてその後34歳の時に現在所属する株式会社インプレッションの社長を務めている鶴崎と再婚して現在に至ります。いずれも子供はおりません。

そして、この度逮捕された容疑者についてですが。僕が1991年にレコーディングでニューヨークに行った時に当時吉國氏がNY大学に留学しており、その時の大学の知り合いとしてわずかな時間、容疑者含め3人で話す機会がありましたが、交際はしておりません。

容疑者が日本に帰って来てから、初めて僕が歌手であることを知り、1991年にリリースしたアルバムの曲を聴いてその中の曲が自分へのメッセージだと勝手に受け取って、僕が容疑者に好意を持っているとの間違った思い込みからストーカーが始まりました。他の作詞家が書いた曲でさえ、僕から容疑者へのメッセージ曲だと言い続けています。

容疑者には27年分の崎谷と関係者スタッフの苦しみを理解して今後はストーカーを止めるよう切に願います。ネットでも現実でも今後もし容疑者がストーカー及び名誉毀損を繰り返すならば、その都度、刑事告訴する所存です。

このようなことで僕の音楽が被害を受けるようなことは許されませんし、ファンの皆様にはこれからも音楽を届けたいと思っています。皆さんの支援にお応えすべくRealism〜Anthology〜tourはこのまま続けてまいります。応援をこれからもお願い申し上げます。

最後に、この件で動いてくださりお世話になった警視庁、警察関係者及び担当弁護士の皆様にこの場を借りて御礼を申し上げます。

2019年6月17日 崎谷健次郎

関連記事(外部サイト)