小倉智昭氏 老後2000万円問題「(所得の)低い人たちはその金額が大きくなるはず」

小倉智昭氏「2000万円の蓄えが必要」との金融庁報告書に言及「金額は大きくなる」

記事まとめ

  • キャスターの小倉智昭氏が20日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」に生出演した
  • 「2000万円の蓄えが必要」と試算した金融庁金融審議会の報告書について言及した
  • 小倉氏は「(所得の)低い人たちはもっともっとその金額が大きくなるはず」と話した

小倉智昭氏 老後2000万円問題「(所得の)低い人たちはその金額が大きくなるはず」

小倉智昭氏 老後2000万円問題「(所得の)低い人たちはその金額が大きくなるはず」

小倉智昭キャスター

 キャスターの小倉智昭氏(71)が20日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月〜金曜前8・00)に生出演。「95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要」と試算した金融庁金融審議会の報告書について言及した。

 番組では、19日に行われた安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首による党首討論などを放送。枝野氏は金融庁金融審議会の報告書に関し「(国民の不安は)安心ばかりを強調して実態と向き合わない姿勢にある」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は麻生太郎副総理兼金融担当相の報告書の受け取り拒否に関し「行政のガバナンスが衰えていく。しっかり受け取ってください」などと要求した。一方、首相は報告書について「大きな誤解が生じた。違和感を感じた人もいる」などと回答した。

 小倉氏は「夫婦で2000万円足りなくなるという基準のね、その人たちは給与所得水準の結構高い人たちを考えて平均を取っている」と指摘。その上で「(所得の)低い人たちはもっともっとその金額が大きくなるはずなんで、そういったこともちゃんと分からせる必要あると思う」と話した。

関連記事(外部サイト)