ローリング・ストーンズ北米ツアースタート ミック・ジャガーが心臓手術から舞台復帰

記事まとめ

  • ローリング・ストーンズが21日夜、延期していた北米ツアーをスタートした
  • ミック・ジャガーは4月に心臓手術を受け、術後初のステージとなった
  • 「かなり気持ちがいいね」などと話し、約6万人の観客の前で復調ぶりをアピールした

ローリング・ストーンズ 75歳ミック・ジャガー、心臓手術から復帰舞台「かなり気持ちがいいね」

 英バンド、ローリング・ストーンズが21日夜、米シカゴの競技場で延期していた北米ツアーをスタートさせた。4月に心臓手術を受けたボーカル、ミック・ジャガー(75)の術後初のステージ。約6万人の観客の前でミックは2時間以上にわたって歌を披露、復調ぶりをアピールした。

 「かなり気持ちがいいね」などと話す場面があったが、手術については言及しなかった。公演は8月末まで。ストーンズは4月下旬から北米ツアーを始める予定だったが、3月下旬にミックの治療を理由に延期を発表した。

関連記事(外部サイト)