松本人志「えーっ!」 ワイドナでまさかの番組構成 思わず「サンジャポをご覧ください」

松本人志「えーっ!」 ワイドナでまさかの番組構成 思わず「サンジャポをご覧ください」

「ダウンタウン」松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)に出演。ボクシングの井岡一翔(30=Reason大貴)が日本人男子では史上初の4階級制覇の快挙への番組側のまさかの仕打ちに思わず「サンジャポをご覧ください」ともらす場面があった。

 番組では、東京五輪観戦チケットの当落のニュースを取り上げた後、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨んだ同級2位の井岡が同1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)に鮮やかな10回TKO勝ちした試合の快挙の話題へ。

 松本は「もちろん見ました。井岡選手の場合、強いんですけど、判定が多かったり、ちょっと地味な試合が多かったんですけど、ここ最近、何なんでしょうね、楽しまそうという意識が強い気がして、この間の試合もめちゃくちゃ良かった」と大興奮。スタジオは映像が見られるのか?という空気になったが、番組MCの東野幸治(54)は「映像で紹介したいんですが、麒麟の田村くんが来て、紹介したいバスケットの映像の金額がかなり高額なため、断念しました。口頭だけの説明ですみません」とまさかの口頭のみでの紹介であることを宣言した。

 これには、松本も「えーっ!」と衝撃を口に。「フリーノックダウン制で1回でレフェリーに止められたってすごい事やからね」とアピール。この言葉に、指原莉乃(26)も「こういったら見たくなる。見たいです!」、ヒロミ(54)も「ここで見られると思ったのに」と悔しがるも、東野は「この後の映像が高いのでごめんなさい」と平謝り。松本は「1回もダウンしてないのに、立ったまま何回もダウンさせたってことやからね」と話すも、東野は「ちょっと説明がわからないんですけど、映像出ないので申し訳ありません」と返すと、松本は「2秒でいいから。早送りでいいから」と猛ピール。最後は「TBSで権利があるってことやろ。ぜひ『サンジャポ』をご覧ください」と思わず裏番組をアピールする展開となった。

関連記事(外部サイト)