ゆりやん、米国との笑いのツボの違いに困惑「どこがおもろいねん!あんなもん」

ゆりやん、米国との笑いのツボの違いに困惑「どこがおもろいねん!あんなもん」

ゆりやんレトリィバァ

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(28)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)に出演。米国の人気公開オーディション番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」に出演した際の秘話を明かした。

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)は番組での写真を前に「この写真だけですべてを語られている感じはする」と笑い止まらず。VTRで番組での様子を見ると「ゆりやんはもう完成されているし、今のステージでもゆりやんの5%ぐらいでできてる。まだまだ底がある」と絶賛した。

 「ありがとうございます」と恐縮しつつも、当日の様子を聞かれたゆりやんは「入り時間が本番の7時間前で、一緒にいたスタッフさん、友達とどんな質問が来るかシミュレーションしたんです。英語で“名前の事は聞かれそうやけど、何て言ったらいいかな、これ言ったらどうでしょうか?”って言ったら、“ちょっとアメリカでは伝わらへんかも”とか。“こっちの英語のほうがニュアンスいいんじゃないか”とか(相談した)」と明かした。「(本番は)めちゃくちゃ緊張したんですけど、この番組が凄いとは知ってたけど、審査員がどれだけ凄い人とか、調べずに行ったので、変な緊張せずに(できた)」と振り返った。

 それでも、ゆりやんは「(また)行きたいです。さっきのやり取りとかも、名前の由来とかもめっちゃ笑ってくれたんですけど、どこがおもろいねん!って。あんなもん」と日米での笑いのツボの違いに困惑したことを告白。「ツイッターとかでも動画であれは笑われているだけだって書かれる方も多いんですけど、そうや!って思います」と同意し、笑わせた。番組ではウケたものの、「あれ出させてもらってから、アメリカの仕事は1回も来てません」とぶっちゃけた。

 これまでの同番組への出場者の日本人などの映像を見ながら、松本は「日本人どんだけ肌露出するねんと思われてる」とツッコミ。それでも、好評だったこともあり、再チャレンジにも「いいと思うわ」と太鼓判。「渡辺直美とゆりやん、今は吉本じゃね。何年かにはその2人だけになってるんちゃうかな」と、4月からニューヨークに拠点を移したタレントの渡辺直美(31)の名前を挙げ、賞賛した。

 ゆりやんは同番組で星条旗柄の際どい水着でネタを披露。残念ながら2次審査を通過できなかったものの、審査員や米国の観客たちには大ウケで、日本で話題になっていた。

関連記事(外部サイト)