天龍 小脳梗塞で3度入院「今この瞬間をできる限り生き抜く」

天龍 小脳梗塞で3度入院「今この瞬間をできる限り生き抜く」

元プロレスラーでタレントの天龍源一郎

 元プロレスラーでタレントの天龍源一郎(69)が「小脳梗塞」と診断され、入院していたことを9日、所属事務所が公表した。

 4月中旬から2度、自宅で体調不良を訴えたため検査・入院したところ小脳梗塞の診断が下された。その後、症状などが出る機会が多く、3度入院。現在、目立った後遺症などは表れておらず、完治はしないものの、症状としては安定しているという。

 天龍は事務所を通じて「これからいつまで天龍源一郎としての歩みがあるのか私自身見当もつきませんが、今この瞬間をできる限り生き抜き、ファンの皆さんと楽しく過ごしたいと思っています」とコメントした。

関連記事(外部サイト)