山里亮太 “嫁姑問題”で母が週刊誌の直撃受けダウン…「実家はそっとしておいて」

山里亮太の母親、“嫁姑問題”で週刊誌の直撃受けダウン 「実家はそっとして」と懇願

記事まとめ

  • 南海キャンディーズの山里亮太が17日、TBSラジオ「たまむすび」に出演
  • 妻・蒼井優との「嫁姑問題」で母親が直撃取材を受けたことを明かした
  • 母親は記者の“誘導質問”などで気を病み、ついにダウンしてしまったという

山里亮太 “嫁姑問題”で母が週刊誌の直撃受けダウン…「実家はそっとしておいて」

山里亮太 “嫁姑問題”で母が週刊誌の直撃受けダウン…「実家はそっとしておいて」

「南海キャンディーズ」山里亮太

 お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太(42)が17日、TBSラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・00)で、6月に結婚した女優・蒼井優(34)との「嫁姑問題」で母親が直撃取材を受けたことを明かした。

 「母、文代がへこんでいて…」と話し始めた山里。急に千葉の実家を女性誌の記者が訪れ、「嫁姑で何か問題がありますか?」と質問されたとのこと。山里は「ありがたいことに仲がいい!」と明言しているが、「急に来てもらっても親は素人だから戸惑ってしまった」という。

 さらに「(記者が)自分に最近子供ができて…喜んでいる。お母さんも子供が待ち遠しいでしょう」と“誘導質問”してきたという。それら一連の記者との対応について、山里の母は“もし自分の言葉の使いようによっては山里にも、奥さんの蒼井にも迷惑がかかるんじゃないか”と気を病んでしまったとのこと。

 「元々、血圧で体調が良くなかったんですが、ついにダウンしてしまった。母ももう齢、おばあちゃんなんで…。できれば(母親への取材は)お許しいただきたい。実家はそっとしておいてください。私は情報、ダダ洩れですから、特にラジオで言いますんで…」と懇願していた。

関連記事(外部サイト)