GENKING、涙の告白 事実婚選択の理由「私は赤ちゃんが産めない」

GENKING、事実婚状態の恋人の存在明かし涙 「ノンストップ!」VTR出演

記事まとめ

  • GENKINGは、「ノンストップ!」にVTR出演し事実婚状態の恋人の存在を明かした
  • 恋人と住んでいる愛の巣を公開し、一度は破局したが復縁し同棲を始めたという
  • 事実婚を選択した理由について「赤ちゃんが産めないっていうこと」と告白し涙した

GENKING、涙の告白 事実婚選択の理由「私は赤ちゃんが産めない」

GENKING、涙の告白 事実婚選択の理由「私は赤ちゃんが産めない」

GENKING

 タレントのGENKING(33)が18日、フジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)にVTR出演。事実婚状態の恋人の存在を明かし、事実婚を選択した理由について涙ながらに語った。

 去年1月放送の同番組で、17年5月にタイで性別適合手術を受けたこと、戸籍も女性に変更し本名を“元輝”から“沙奈”に改名したことを告白。今年6月にはブログで恋人の存在についても触れて「事実婚みたいな感じ」と明かしていた。

 この日は「今のこのお家は、私だけのお家ではないので。(一緒に住んでるのは)ダーリンです」と、交際3年の恋人と住んでいる愛の巣を公開。「彼は髪の毛を染めたこともないような感じの人。肌も白いし。だから全然違う、私と」と紹介した。

 だが、そのお相手とは破局も経験。「お前、オカマと付き合ってるの?」など言われて悩む様子を見て「こんなことを思わせちゃって嫌だな。一緒にいない方がいいな」と別れを決断した。しかし約2カ月後に復縁し、同棲を始めたという。

 現在は事実婚状態。籍を入れることもできるが、事実婚を選択した理由については「私はまず赤ちゃんが産めないっていうこと」と赤裸々に告白。続けて「夕方のスーパーとか、地方の大きなショッピングモールが苦手で。お子様を連れた家族連れがすごく多いのね。そういう所に彼と行ってると、すごい申し訳ない気持ちになるというか…」と涙を流しながら吐露した。

 それでも「タイミングが来て、もしかしたら(籍を)入れるかもしれないけど、名字変わるくらいで、他はもう今すべて一緒にしてるから、何も変わらない」と語り、「今は彼が一緒にいてくれることに感謝して生活をしています」と現在の心境を述べた。

関連記事(外部サイト)