【山口真帆への暴行問題】民事訴訟の進行協議で被告側が山口と“関係性”があると主張

記事まとめ

  • 山口真帆への暴行容疑で不起訴となった男性2人に対する民事訴訟の進行協議が行われた
  • AKSの弁護士が、被告側が山口と“関係性”があると主張していることを明かした
  • 被告側が、顔をつかむような暴行はしていないと主張していることについても言及した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております