志らく 名前“もらった”仏シラク元大統領を追悼 SNSで命名エピソード披露

【ジャック・シラク元大統領】立川志らくが自身の命名エピソードを交えて追悼

記事まとめ

  • EU統合に功績を残したフランスのジャック・シラク元大統領が、パリの自宅で死去した
  • 落語家の立川志らくが、ツイッターで自身の命名エピソードを交えてシラク氏を悼んだ
  • 立川談志さんが「必ず大統領になる。そのシラクから名前をやる」と名付けてくれたそう

志らく 名前“もらった”仏シラク元大統領を追悼 SNSで命名エピソード披露

志らく 名前“もらった”仏シラク元大統領を追悼 SNSで命名エピソード披露

落語家の立川志らく

 欧州連合(EU)の統合に功績を残したフランスのジャック・シラク元大統領が26日、パリの自宅で死去した。

 落語家の立川志らく(56)が、ツイッターで自身の命名エピソードを交えてシラク氏を悼んだ。師匠の故立川談志さんが「35年前“パリの市長でシラクという頭の良い政治家がいるんだ。必ず大統領になる。そのシラクから名前をやる。志らくだ”」と、その後の大統領就任を予言していたと紹介。「“日本で無名でもフランスに行けば有名人だぞ!”合掌」と師匠の言葉を思い返していた。

関連記事(外部サイト)