羽鳥慎一アナ反省「ちっちぇえ人間」後輩水卜アナに「『どうすんだよ』って…」

羽鳥慎一アナ反省「ちっちぇえ人間」後輩水卜アナに「『どうすんだよ』って…」

フリーの羽鳥慎一アナウンサー

 フリーアナウンサーの羽鳥慎一(48)が6日放送の日本テレビ「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦」(後7・00)に出演。同局・水卜麻美アナウンサー(32)に対し、自身の生番組内での振る舞いを謝罪した。

 8月末に生放送された同局「24時間テレビ42」で総合司会を務めた2人。放送中、水卜アナがチャリティーマラソンの4人目のランナーであることがサプライズで発表された。その際、羽鳥アナは「(水卜アナが)『私です』って手を挙げた瞬間、『どうすんだよ』って」と困惑したといい「(本当なら)こっちは任せて頑張れよって言わなきゃいけないのに。年上としても先輩としてもあるべきではない発言をしてしまった」と振り返った。

 実際の映像では、4人目のランナーとして発表されて周囲が驚く中、「どうすんの、本当にもぉ〜。いつからいなくなるの?」と羽鳥アナだけエールを送ることなく、不満そうな表情を浮かべていた。

 「本当に申し訳ないです。ちっちぇえ人間だなって」と、自分の心配ばかりしたことをおわび。ただ、水卜アナがランナーとして選ばれていることは「うすうす感じていた」とも。本番前のMC打ち合わせ。水卜アナが「ある時間だけ明らかに気抜けしていた。急にサンドイッチとか食べ始めた」とし「あ、この時間帯だけいないんだなって思った」と洞察力の深さも披露していた。

関連記事(外部サイト)