ボビーとトランプマンが生放送中にマジゲンカ!?原因は藤本敏史?「俺は全然悪くない」

ボビーとトランプマンが生放送中にマジゲンカ!?原因は藤本敏史?「俺は全然悪くない」

「FUJIWARA」の藤本敏史

 お笑い芸人の今田耕司(53)が12日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。司会を務めた「オールスター感謝祭’19」(9月28日放送)の生放送中に起きた「FUJIWARA」藤本敏史(48)に降りかかったとんでもない事態を暴露した。

 今田は「フジモン、ちょっとやめてよ、生放送で。感謝祭で…」といきなり藤本にクレーム。今田が「感謝祭でフジモンの席。FUJIWARAとボビーと、トランプマンがおったんやけど、なんか一番端の席でどう見ても、ボビーとトランプマンがマジでモメてるの」とタレントのボビー・オロゴン(46)とマジシャンのトランプマンが生放送中にケンカをしていたという状況を説明した。

 原西孝幸(48)は「びっくりしましたよ」と苦笑。藤本は「ほんまに。トランプマンがめっちゃキレてんねん。えらいもんで、しゃべられへんねん、ケンカ中も」と振り返った。

 藤本によると、CM中に藤本がボビーのことを「ボビー、声のトーンは面白いかもしれへんけど、よう聞いたらトーク全然おもろない」などとイジっていたそうで、それに反発したボビーが「お前なんだよ!」と言いながら、トランプマンの頭を押さえつけたことが原因だったという。トランプマンがボビーの胸ぐらをつかむほどの激高ぶりだったようで、「マジでキレてる!ってなって」と藤本。ボビーは藤本のせいにしたようだが、藤本は「俺は全然悪くない…」と“反論”。今田は「司会しながら何で見とかなあかんねんって。大丈夫かなって」と生放送中もかなり気になっていたようで、「トランプマン、大丈夫?」と声を掛けたら、トランプマンはしゃべらず、頬っぺたを膨らませて反応したという。

 それでも、かたくなにキャラを守ってしゃべろうとしなかったトランプマンに原西は「何か言おうとしてるけど、わからへん。しゃべれよ!」って不満を吐露。今田は「次の感謝祭見てください、席離れてますから」と締めて、笑わせた。

関連記事(外部サイト)