落語家・桂三金さん死因は脳幹出血 師匠・文枝「悔しくて悔しくて…」

落語家・桂三金さん死因は脳幹出血 師匠・文枝「悔しくて悔しくて…」

落語家の桂三金さん

 落語家の桂三金(かつら・さんきん、本名・奥野武志=おくの・たけし)さんが48歳で9日に急死したことを受けて、所属の吉本興業は11日、死因が脳幹出血だったと発表した。

 通夜は12日午後7時、葬儀・告別式は13日午前11時から、いずれも大阪市北区長柄西1の6の14、大阪北玉泉院=(電)06(6353)0066で。喪主は妻の雅子(まさこ)さん。

 師匠の桂文枝(76)はこの日「落語でいうと突然マクラもなしに本題に入り、半ばで突然オチをつけて終わった感じ。これからなのに悔しくて悔しくてなりません」とコメントした。

関連記事(外部サイト)