合成麻薬「MDMA」とは 一見サプリメント 性行為時に使われることも

合成麻薬「MDMA」とは 一見サプリメント 性行為時に使われることも

沢尻エリカ容疑者

 ◇沢尻エリカ容疑者逮捕

 合成麻薬「MDMA」は「エクスタシー」「バツ」といった俗称で呼ばれている。覚醒剤と似た化学構造を持つ結晶性の粉末合成麻薬で、メチレンジオキシメタンフェタミンという化学物質。強い幻覚作用と興奮作用を併せ持つ。09年に元俳優の男(41)が使用し逮捕された事件で注目を集めた。

 80年代に米国でレクリエーション・ドラッグとして広がり始め、日本では89年に麻薬取締法で規制対象になった。皮膚感覚が強まるため、性行為時に使われることも多い。

 本来は白色粉末だが、カラフルな錠剤などに加工され、表面に絵が描かれるなど、一見するとサプリメントのような製品として密売されている。警察庁によると昨年は1万2274錠を押収。一昨年の3109錠から約4倍となり、密輸入量も増加した。1錠あたりの末端価格は3000〜4000円。

関連記事(外部サイト)