アンタッチャブル山崎 10年ぶり新ネタ披露に「お笑い界をひっくり返すつもりできた」

アンタッチャブル山崎 10年ぶり新ネタ披露に「お笑い界をひっくり返すつもりできた」

お笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也(左)と柴田英嗣

 フジテレビ「めざましどようび」(土曜前6・00)は8日、この日放送の「THE MANZAI 2019 マスターズ」(後7・00〜9・54)で10年ぶりに新作漫才を披露するお笑いコンビ「アンタッチャブル」について特集した。

 アンタッチャブルは同番組初出場で10年ぶりにコンビで新作漫才を披露する。山崎弘也(43)と柴田英嗣(44)が1994年に結成。その後、2004年にM―1グランプリで優勝したものの、10年に柴田が女性問題などに端を発し1年間休業。柴田の復帰以降も2人がそろうことはなかったが、先月29日に同局で放送された「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・00)で10年ぶりにコンビでのテレビ出演を果たし、大きな反響を呼んだ。

 彼らの復活に、芸人仲間たちも反応。VTR出演した後輩の「千鳥」のノブ(39)は「テレビの前でスゲーって思いました。10年のブランクを全然感じなかった。とんでもないモンスターが帰ってきたなという感じですね」と感激。大悟(39)も「本当にみんな嬉しかったんじゃないですかね」と語った。

 そんな中、番組では「THE MANZAI 2019 マスターズ」本番でのアンタッチャブルの様子も放送。柴田が「やりましょうかね、ぼちぼち。久しぶりのやつを」と気合を入れれば、山崎も「いや〜楽しみだな」と満面の笑みでステージへ。大盛り上がりで久々の舞台を終えると、山崎は「いや〜、最高でしたね。お笑い界をひっくり返すつもりできたんで」と充実感を見せると、柴田は「全然ひっくり返ってないから」とすかさずツッコミを入れ、ブランクを感じさせないさすがのコンビネーションを見せつけた。

関連記事(外部サイト)