「筋肉体操」に西川貴教&樽美酒研二が初参加 西川、NHK連続出演で「大河へ」

「筋肉体操」に西川貴教&樽美酒研二が初参加 西川、NHK連続出演で「大河へ」

「新春スペシャル・豪華筋肉祭り」取材会に登場した(左から)谷本道哉氏、武田真治、西川貴教、樽美酒研二

 NHKの人気番組「みんなで筋肉体操」のシリーズ第4弾となる「新春スペシャル・豪華筋肉祭り」の放送に先立って15日、都内で取材会が行われ、筋肉指導を担当した近畿大学准教授の谷本道哉氏(47)、俳優の武田真治(46)、歌手の西川貴教(49)、タレントの「ゴールデンボンバー」樽美酒研二(39)が登場した。

 谷本氏と武田は番組開始当初からのレギュラーだが、西川と樽美酒は今回初参加。しかし2人とも、レギュラー陣さえ一目置く鍛え上げられた肉体を持つだけでなく、持ち前のトーク力で会見の主役の座をさらった。

 まず、見事な逆三角形の上半身をした西川が、「連続テレビ小説『スカーレット』に続いて『みんなで筋肉体操』、さらに今回の新春スペシャルの放映日には、『日本人のおなまえっ!』にも出演しています。いろいろな形でNHKに貢献して、『オレがNHKだ!』といえるような存在になりたい。そしてこの流れをつなげて、大河ドラマ出演へと近づければ。すべてが、大河への道なんで」とぶち上げて報道陣を爆笑させれば、シックスパックの腹筋を持つ樽美酒は「今年は紅白に落選して、NHKに嫌われてしまったのかと思いきや、『ポツンと一軒家』と同じぐらい大好きなこの番組に出演できて、うれしく思っています」と、禁断の民放番組名をぶち込む暴走ぶり。

 さらに、普段はお笑いキャラで売っている樽美酒が筋トレについて聞かれると、急に真面目な口調で「筋トレは、やっていくうちに自分の筋力が弱い部位もわかってきます。そのままにしておくと年を取ったときにそこが必ず悲鳴を上げますので、弱い部分をあらかじめ重点的に鍛えておく。それをどんどん積み重ねることによって、長生きのできる素晴らしい体に…」と専門的な解説が止まらなくなった。すかさず隣の西川から「バカなのにすごいまともな話してる!」と突っ込まれると、「もうしわけない、筋肉のことになるとこうなっちゃうんです。音楽についてはまったく興味がないし、わかんないんですけど、筋肉を本当に愛しているんです」とミュージシャン(?)らしからぬ弁解をする一幕も。

 同シリーズは、視聴者がテレビを見ながら出演者と一緒に5分間筋トレをする異色の内容が評判を呼び、決め台詞の「筋肉は裏切らない」は、昨年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた。「新春スペシャル〜」では、さらなるニューフレーズもふんだんに盛り込まれているという。

 「新春スペシャル〜」は総合テレビで2020年1月2日に「サーキット」編、3日に「二の腕&尻」編が放送される。

関連記事(外部サイト)