室井佑月、自粛に努めるホンネ明かす コロナに感染したら「相手を傷つけてしまうじゃん」

室井佑月、自粛に努めるホンネ明かす コロナに感染したら「相手を傷つけてしまうじゃん」

作家でタレントの室井佑月

 作家でタレントの室井佑月(50)が18日、自身のツイッターを更新。自粛生活にしっかりと励む理由を明かした。

 室井は「あたしはすっごく言いつけ守って自粛してるんだよ。文句はいっぱいあるけど」と、不満はあるものの、しっかりと自粛していることを告白。さらに「今日、原稿書いてて自分の気持ちがはじめてわかった」と前置きすると、「あたしは糖尿病で去年の年末放射線治療もしてる。自分がかかるのが怖いんじゃなくて、自分の大好きな人、息子とか友達から感染して死んでしまうのが怖いの。悪いじゃん」と、自粛に努める理由を記した。

 糖尿病などの持病があると新型コロナウイルスに感染した場合に重症化や合併症を引き起こす可能性があると言われている。室井は直後のツイートで、「あたしはある程度好き勝手したから、それもしょうがないという気持ちがあるけど、相手を傷つけてしまうじゃん」と、その真意を分かりやすく説明。そこには、コロナに感染したくないのではなく、感染させた人を苦しませたくないという、室井なりの配慮があった。

関連記事(外部サイト)