山里亮太 「絶対に自分から言わない」中居正広の“差し入れ”「死ぬほどカッコイイ!」

山里亮太 「絶対に自分から言わない」中居正広の“差し入れ”「死ぬほどカッコイイ!」

「南海キャンディーズ」の山里亮太

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が19日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月〜木曜後1・00)に出演。タレントの中居正広(47)の“差し入れ”の格好良さについて明かす場面があった。

 この日、番組スタッフに弁当を差し入れしたという山里は「喜んでいただけてうれしいです」とご満悦。自ら大きなクーラーボックスを背負い、配ったそうで、「メガネ外して、でっかいクーラーボックスをしょって入ってくると、TBSの人たちがお弁当屋さんだと思うんだよね」と苦笑するばかり。とはいえ、「こういうのを人づてに伝わるのがカッコイイのよ。かん口令でも引かれてるの?言わないと!」とスタッフの態度に納得いかない様子。「(スタッフが)いろんな番組で関わっているから、どこの番組で出るかな?と思って聞くのよ。全然出てこない」と不満を爆発させた。

 そんな中、「僕がそういうので、一番カッコいいのは中居正広ですよ」と多くの番組で共演し、親交が深い中居の話を切り出した。「ほんと、サラッとそういうことするの。で、絶対に自分から言わないからね、あの人。自分から言ったことない。あわよくばちょっととぼける」と続けた。

 さらに「そういう差し入れとかがひょこっと叙々苑弁当って高い弁当が、1個3000円ぐらいの。そんなのが楽屋にあって、『何コレ、何コレ』って(スタッフに)聞いたら『中居さんが新年一発目ってことで頑張りましょうことで出してくれました!』って言って。『中居さん、ごちそうさまでした!』っていうと『何が?』って。『お弁当』『ああああ…』って。『お弁当』と言ってからの『ああああ…』までの、ロシアと1回つないでいるような時差」と独特の間を明かし、「あの間が死ぬほどカッコイイ!」とその対応を絶賛した。

 中居は番組への差し入れだけでなく、新型コロナウイルスの感染拡大の中でも、医療従事者に高級弁当を差し入れたことがSNSなどで広がり、評判になっている。

関連記事(外部サイト)