「テラスハウス」現メンバー 木村花さん追悼「優しさを絶対に忘れない」「大切な仲間を守れなかった」

「テラスハウス」現メンバー 木村花さん追悼「優しさを絶対に忘れない」「大切な仲間を守れなかった」

2020年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会に参戦した木村花さん

 23日に亡くなった女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が出演している恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020」の現男子メンバー、会社経営の新野俊幸氏(30)とプロサーファーで実業家の金尾玲生氏(27)が同日、自身のツイッターで木村さんを悼んだ。

 新野社長は「ただただ悔しい」としのび「俺が袋叩きにされた時、真っ先に心配してくれた花の優しさを絶対に忘れない」と今年3月のLINEのやり取りを添付した。

 金尾氏は長文を掲載。「何も整理がつかないよ。花…起きてはならないことがこの世の中に起きてしまいました。あってはならないことが…。今日は信じたくなくて携帯をあまり見たくなくて放置してました。何も考えることができず、ぼーっとしてました…逆に連絡くれたみんな心配させてごめん。起きてしまった事実は残念ながら変える事はできないので、花のトレードカラーのピンクの花を捧げてきました。花は海も好きだったので海にも来てるかなーって思って」と海辺と花束の写真をアップした。

 「(2015年に心筋梗塞のため急死したテラスハウスの元メンバーの今井)洋介に会えたかなー?洋介はめちゃくちゃ最高なbroだからさ!花も絶対仲良くなれるから。洋介も頼むね。俺はまだそっちには行けないけど、いつかまた会おう」と今井さんにも言及。

 そして「この世の中。いろいろな意見があると思いますが、何が正解で、何が不正解とか全くわからない。ただ一つだけ確実なのは、大切な仲間の花を守れなかったこと。悔やんでも悔やんでも悔やみ切れません。これから将来がある大切な仲間を守れなかった…」と自分を責めた。

 「たくさんアンチが来てもスルーするとか、いろいろなことを言う人もいますが、アンチを受けた人は一生忘れません。言う方は忘れると思いますけど。それはいじめも一緒ですよね。言葉の暴力って言いますけど、それは本当なんですよ。うれしいことを言われた時はうれしいですよね?悲しいことを言われた時は悲しみますよね?それが真実です。このこと。いや、事件を無駄にはしない。絶対。ご親族の方々ご冥福をお祈りいたします。ありがとう。花」と締めくくった。

 フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作。東京のシェアハウスを舞台に、男女6人の共同生活を描く新シーズンは昨年5月14日から「Netflix」で先行配信。6月11日からフジテレビオンデマンド(FOD)でも配信がスタートした。7月8日からは地上波・フジテレビ(月曜深夜0・35)でも放送されている。

 今月19日に最新第42話が配信された。木村さんは昨年9月から入居している。

 第38話(3月31日配信)において、木村さんが「命と同じぐらい大事」といい、10万円以上するリングコスチュームが残っていた洗濯機を、男子メンバーが誤って回してしまい、縮んで変色して着られなくなる“コスチューム事件”が発生。番組終盤、木村さんがこの男子メンバーを叱責したが、この時の木村さんの怒り方などに対して、SNS上で誹謗中傷や罵詈雑言があった。

関連記事(外部サイト)