「笑点」番組史上初のリモート大喜利 不要不急の座布団運び「山田さんはお休みです」

「笑点」番組史上初のリモート大喜利 不要不急の座布団運び「山田さんはお休みです」

春風亭昇太

 日本テレビ「笑点」(日曜後5・30)が24日放送され、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、1966年の番組開始以来初めてとなるリモート大喜利が行われた。

 司会の春風亭昇太(60)がスタジオから出演、大喜利の各師匠は自宅からテレビモニター越しに参加。座布団運びの山田隆夫(63)については、昇太が「今週も不要不急の座布団運びの山田さんはお休みになります」と伝えた。座布団はイラストで描かれた“山田くん”が画面上で運ぶ演出となった。

 20日更新の公式フェイスブックでは「番組史上初のリモート大喜利に挑戦!リモートならではのハプニングが楽しめます。また、座布団はどうなるのか、円楽さんとたい平さんの仲はどうなるのか、小遊三さんは自宅で下ネタが言えるのかなど、必見です!」と告知していた。

 前週17日の放送もリモート収録で、師匠たちがステイホーム中の近況報告。三遊亭小遊三(73)は「断捨離にはまっています。時間があるので古いものを捨てて」とコメント。林家木久扇(82)は「孫と一緒に遊んでいます。ふわふわかき氷を作ってくれてうれしいです」と頬を緩ませた。三遊亭円楽(70)は「神経が繊細なので…帯状疱疹(ほうしん)が出て、お医者通いの毎日です」とぼやいた。

関連記事(外部サイト)