ヘイセイ知念 父は体操の五輪メダリスト 見事なバク転披露に黒柳徹子も絶賛「うわぁ〜すごい」

 「Hey!Say!JUMP」の知念侑李(26)が26日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜後1・00)に出演、オリンピックメダリストである父について語った。

 知念の父・孝さんは1992年バルセロナ五輪の体操競技・団体総合で銅メダルを獲得。「僕が生まれてない時だったので、ちゃんと父の活躍は見てない」としつつ、「世界体操」の中継番組でプレゼンターを務めた際に出場選手へインタビューをした時、「父がオリンピックで銅メダルとったのって、すごいことだったんだなっていうのを感じて。あらためて尊敬ですね」と語った。

 司会の黒柳徹子(86)から父のメダルを見たことがあるかと聞かれると「小さい時、本当に価値も分からず触ったり、ちょっと遊んだりとかしてましたけど、今じゃそんな気軽には触れないですね」と告白した。

 「世界体操」の番組内では自身も体操競技に挑戦。ゆかの技を披露した映像がVTRで紹介された。その時、父から感想を言われることはなかったというが、「まだまだだなって言われると思います」と謙遜した。

 すると、映像を見ていた黒柳から技を見せてほしいとリクエストが。知念はスタジオで軽快な動きを見せてバク転を披露。見事な技に黒柳は「うわぁ〜すごい上手」と絶賛し拍手を送った。

関連記事(外部サイト)