さんま 頭部打球直撃のマー君に励ましのメール「生きてるだけで丸儲けやで」

さんま 頭部打球直撃のマー君に励ましのメール「生きてるだけで丸儲けやで」

タレントの明石家さんま

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が11日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。打球を頭部に受け「軽度の脳振とう」と診断されたヤンキースの田中将大(31)に自身の名言を授けたと明かした。

 近年、田中の妻でタレントの里田まい(36)とヤンキースタジアムで試合を観戦するなど、田中と公私ともに交流のあるさんま。「こないだ、マー君がもうすぐ開幕やというときにスタントの打球を頭に受けて…」と4日の練習で同僚の打球を頭部に受けた田中の話を切り出し「大丈夫かなと思って、こっちも心配して身内気分になってしまって、すぐにマー君のところへ…励ます言葉も見つからないから『生きてるだけで丸儲けやで』って送ったんですよ」と自身の名言で励ましたという。

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20)が自身の名言に勇気づけられたと明かしていたことを受け、さんまは「マー君もどこかで言ってくれるかなあ?」と、マー君から感謝される日を心待ちにしていた。

関連記事(外部サイト)