元おニャン子・内海和子 驚きの“エリート教育”も…娘は大学中退し地下アイドルデビュー「嫌ですよ」

元おニャン子・内海和子 驚きの“エリート教育”も…娘は大学中退し地下アイドルデビュー「嫌ですよ」

元「おニャン子クラブ」の内海和子(写真は02年撮影時)

 アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーでタレントの内海和子(53)が17日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)にVTR出演し、地下アイドルとして活動する娘・ゆりあんぬ(23)との驚きの生活を公開した。

 内海は娘の朝食にステーキやもつ鍋を用意し「好きなものを好きなだけ食べさせる」がモットーの食育や、「お酒=人脈=金脈」だとしてお酒を積極的に勧める「酒育」など、独特の教育を施してきたという。内海は「(娘を)授かったときから決めていたのは、まだ首も座らないうちから幼児教育。小学校から女子大まで一貫校」と娘にエリート街道を歩ませた。また、将来は海外で活躍してほしいという思いからホストファミリー制度を採り入れ、娘が生まれたときから家に外国人がいる環境をつくっていたという。

 だが母の思いとは裏腹に、娘・ゆりあんぬは「英検3級に10回落ちている」といい、お嬢様校にも関わらずド派手な髪型に変えて周囲を驚かせた。そして大学を中退し、まさかのアイドルデビュー。「平成墓嵐」というグループで活動していることに対し、内海は「殴り込みにいきたいくらい嫌ですよ」と苦笑いした。

 また、ゆりあんぬはこれまで母に内緒で整形を繰り返し、次は豊胸手術をしたいと打ち明ける。整形の理由について「元々自分の顔が好きじゃなかった。中高生のときにめちゃくちゃいじめにあった」と自分を変えたいという思いから踏み切ったと胸中を打ち明けた。「今日嫌なことがあったけど、私かわいいからいいかって思える。心の健康につながった」と嬉しそうに語る娘に対し、内海は「私も綺麗になりたい気持ちはわかるが、整形ってヒートアップしていくじゃないですか。自分がわからなくなるのが怖い」と難色を示した。

 だが、最後には「自分のやりたいことというのは、自分で選択して今までやってきたので、そこは認めて応援してあげなくちゃいけないのかな」と娘の思いに理解を示していた。

関連記事(外部サイト)