NHK 4日連続の新型コロナ感染報告 今度は徳島放送局の職員

 NHKは30日、徳島放送局の40代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月27日の福岡放送局(20代男性職員)、同28日の大阪放送局(20代男性職員)、29日の福岡放送局(27日発表の職員の濃厚接触者となった40代男性職員)に続き、4日連続の感染報告となった。

 徳島県在住のこの職員は今月25日から悪寒を感じ、同27日に徳島放送局内で勤務。マスクは着用し、外部との接触はなかった。28日に自宅で発熱し、医療機関を受診。同29日にPCR検査を受け、感染が確認され、自宅療養している。

 NHKは徳島放送局内のオフィスの消毒を行い、念のため接触した職員とスタッフは自宅療養。「今後も保健所と連絡を取りながら、感染拡大防止に努めてまいります」とした。

関連記事(外部サイト)