秋元才加 “心友”大島優子、宮澤佐江からの誕生日祝いに感謝「幸せだったなぁ」

秋元才加 “心友”大島優子、宮澤佐江からの誕生日祝いに感謝「幸せだったなぁ」

秋元才加

 元AKB48の女優・秋元才加(32)が30日夜、自身の公式インスタグラムで、AKB48時代の同期・大島優子(31)、宮澤佐江(29)から32歳の誕生日をお祝いされたことを報告し、長文を投稿した。

 2人とは、AKB48チームKの一員として活動をともにし、“心友”と呼び合う間柄でもある。26日に32歳になった秋元は、「先日、心友の優子と佐江ちゃんもお祝いをしてくれました」と報告。「優子がチーズケーキ焼いてくれた 一緒に手巻き寿司を食べて、プレゼントもくれて、朝までAKBの沖縄ライブを観て沢山喋りました。幸せだったなぁ」と、かけがえのないひとときを振り返り、「おめ!!!」と書かれたチョコのプレートが置かれたケーキの写真も掲載した。

 当日の秋元は雑誌の締め切りに追われていたというが、「二人が手巻き寿司を作ってくれました 優しい。。」と2人の心配りに感謝。「30代になって人の優しさを素直に受け止められるようになって、今は人に優しくしたいと思えるようになりました」としみじみ明かした。

 「最近私を知った方は、自己肯定感が高くて自分の意思をはっきり発言できる人と思っている方も多いと思う」と推測する一方で、「昔の私はコンプレックスだらけで、ひねくれてて、でも誰にも嫌われたくないあまりに、何の発言もしない、どっちでも良いよ、あなたに合わせる、が口癖の10代でした」とアイドル時代を振り返った。

 17歳と遅めのアイドルデビュー、長身も相まって、アイドルとしての自信がなかったが、2人をはじめメンバーには励まされ続けたという。「その時から、優子とか佐江、AKBの仲間達は私の個性を褒めてくれたり、常に励ましてくれました。AKBにはハマらないかもしれないけど、才加の個性は違う場所で他のメンバーより輝いてるよ!って」と感謝をつづった。

 投稿の最後には、同じく同期の小林香菜(29)も祝福してくれたことも付け加えた。「あ、小林のこと書き忘れた。ケーキも用意してくれて、誕生日だからってご馳走してくれたいつも優しい小林。日本の皆様に小林の良さがもっと伝わって欲しい」。小林の動画を添え、願いをつづっていた。

関連記事(外部サイト)